乾燥ケース・乾燥器

湿気は補聴器の大敵です。夜間等の保管時に乾燥ケースに入れておく事で補聴器についた湿気を取り除くことが出来ます。 ただし、空気電池は乾燥により寿命が縮まりますので、一緒に入れずに別に保管した方が良い乾燥機もあります。詳しくは補聴器店でご相談下さい。

●乾燥ケース(再利用不可)

ケースの中にシリカゲルの乾燥剤を入れて使います。右側の写真のように、ケースの底に乾燥剤を入れ、その上にスポンジを重ねて使います。乾燥剤の中にある色付き粒の色が変色したら効果がなくなっていますので交換します。再利用は出来ません。

乾燥ケース(再利用不可)

乾燥ケース(再利用不可)

●乾燥ケース(再利用可)

使用方法は上記のものと同じですが、こちらの乾燥剤は再利用が可能です。乾燥剤の青い粒が白くなったら効果がなくなっています。中の粒を皿に移し、電子レンジで過熱するかフライパンで炙ると再度使用可能になります。
耳穴形用の小型のものと、耳掛形用の大型のものがあります。写真は小型です。

乾燥ケース(再利用可)

乾燥ケース(再利用可)

●リニュー補聴器乾燥器 【商品詳細:自立コム】

乾燥剤を使用せず、自然対流の熱と紫外線により、補聴器の乾燥、除菌します。

●ドライ&ストア

乾燥だけではなく紫外線ランプで殺菌もできます。紫外線ランプで補聴器の表面を清潔にします。そして、ファンで暖かい乾燥した空気を循環し、補聴器から水分を拡散的に出します。その後で乾燥剤によって水分を空気から吸収します。

ドライストア

ドライ&ストア

●ゼファー

ファンで暖かい乾燥した空気を循環し、補聴器から水分を拡散的に出します。その後で乾燥剤によって水分を空気から吸収します。こちらは紫外線ランプはありません。

ゼファー

ゼファー

update: 2009/12/15 tags: ,,,,,,,,, | 関連機器紹介