通販補聴器・集音器・助聴器

補聴器店で購入する補聴器と通信販売の補聴器は全く別のものです。さらに、通信販売で売られている集音器・助聴器等の類似品はもっと違います。
通信販売で売られている物には「調整の必要がない」「お店に通う必要がない」ということを売りにしている場合がありますが、「調整機能がないためお店に行っても何も出来ない」くらいに思ってください。自動調整等はあり得ません。
以下にこれらの違いと留意点をご説明します。

●補聴器と集音器・助聴器等の違い

まず、補聴器と集音器・助聴器等の類似品についてご説明致します。
一番大きな違いは「補聴器」と名のつくものは「管理医療機器」として、薬事法の規定に基づいた承認を受けているという点です。
難聴とダイナミックレンジ」「リニア/ノンリニア増幅」でもご説明しております通り、難聴者のきこえを改善するためには、ただ音を大きくすればいいというわけではありません。また、必要以上に音を大きくした場合は耳を痛める等の健康被害の危険性があります。
「補聴器」はこういった健康被害を防ぐための機能を有しているものでないと承認は受けられません。もちろん、聴力に合わせた調整が必要になります。
集音器・助聴器等はその承認を受けていません。
音質等は個人の好みがありますので、集音器や助聴器の中に聞きやすいものがある可能性は十分にあります。しかし、上記の点を留意しておく必要があります。

●補聴器店の補聴器と通信販売の補聴器の違い
どちらも「補聴器」なので上記の「管理医療機器」の承認は受けています。
補聴器は聴力に合わせて調整する必要がありますが、通販器種には音量以外の調整機能はない場合がほとんどです。 それに対し、補聴器店の補聴器は聴力に合わせた調整はもちろん、メンテナンス等のアフターサービスも価格の中に入っています。(補聴器店選びが重要なのはこのためです。)
軽度難聴の場合は低出力の補聴器を調整なしで少し音量を上げれば十分役に立つ場合はあります。こういった場合は通販器種の方が安くあがりますが、逆に全く役に立たない可能性も大きいので一種の賭けになります。

また、集音器にしても補聴器にしても、通信販売でもっとも認識しておくべきなのは、音の調整や部品の選定、形状の調整に至るまで、全てをご自分で行う必要があるということです。

補聴器の販売方法については以下の記事もご参照ください。

【ご参考】国民生活センターの資料

update: 2010/05/10 tags: ,,,,,,,,,,, | 補聴器の選び方