‘アナログ’ タグ

●ダイナミックレンジとは

聞き取れる最も小さい音の大きさを「最小可聴閾値」と呼びます。これより小さい音は聞こえません。
また、快適に聞き取れる最も大きい音の大きさを「最大快聴閾値」と呼びます。これより大きい音はうるさく感じます。

それぞれ個人差があり、最小可聴閾値〜最大快聴閾値をダイナミックレンジと呼びます。

●感音難聴のダイナミックレンジ

難聴になると最小可聴閾値が上昇しますが、感音難聴の特徴として最大快聴閾値が下降することがあります。
つまり、大きい音でないと聞こえないが、健聴者にとってはそれほどうるさくない程度の音でもうるさく感じる、ということになり、ダイナミックレンジはかなり狭くなります。

そのため、感音難聴・混合難聴の方に補聴器を合わせる場合、小さい音は大きく増幅し、大きめの音はあまり増幅しないように、極端に大きい音は逆に小さくなるようにすることが望ましいです。
このような増幅方式をワイドダイナミックレンジコンプレッションと呼び、デジタル補聴器(一部の安価な補聴器を除く)で可能です。
アナログ補聴器でもごくわずかですが可能な機種もあります。
これが不可能な補聴器は使えないという訳ではなく、出力制限で対応します。(出力制限の機能は必須です。)

コンプレッションについては「リニア/ノンリニア増幅」をご参照下さい。

ダイナミックレンジ

ダイナミックレンジ

●自分に合う補聴器とは?

補聴器選びの際によく言われる事で
「高価な補聴器が良いとは限らない。安くても自分に合う補聴器を選びなさい。」
というのがあります。

確かにその通りです。何十万もする補聴器よりも10万弱の補聴器の方が良い、という場合も少なからずあります。

しかし勘違いしてはいけないのは、全ての人が安価な補聴器の中から「自分に合う補聴器」を探し出せるわけではないということです。
もちろん無意味に高い物でないといけないわけではないので、価格と性能の面で、自分にはどこまで必要かということを見極める必要があります。

聴こえの状態はその人によって千差万別です。聴力検査の結果が全く同じ人がいたとしても、同じ補聴器では合わない場合もあります。
耳鼻咽喉科医や補聴器技能者には、合わない補聴器を判断する事は出来ますが、データだけでは一番合う補聴器を選ぶ事は出来ません。条件や効果を測りながら最善の物をご本人様と一緒に探して参ります。

「自分に合う補聴器」を探す上のポイントを下記で述べます。

・デジタルとアナログの違い
感音性または混合性難聴で補聴器の経験が浅い方は、基本的にコンプレッションの働くデジタルの方が合うと思います。
ただし、アナログの使用経験が長い方はデジタルでは合いにくい場合もあります。
伝音性の場合はアナログの方が良い場合も多いと思いますが、大きな利得(増幅幅)が必要になりますのでハウリングが起こりやすくなります。その様な場合はハウリング抑制付きのデジタルをリニア的な調整でお使い頂くこともできます。

コンプレッション、リニアについては「リニア/ノンリニア増幅」をご参照下さい。

・メーカーによる違い
近年のデジタル補聴器は、一つのDSP(デジタル信号処理装置)の機能をどこまで使うか、ということで価格が決まってきます。
そのため、どの機能が必要かを見極めることで最適な補聴器を選ぶ事が出来ます。
また、メーカーが変われば音質も機能の働き方も異なりますので、あるメーカーの高価な機種よりも他メーカーの安価な機種が良いという事があります。試聴した補聴器が上手く合わない場合は、別のメーカーで試す事で解決する事もあります。
ただし、同一メーカーのシリーズの中では、高価な機種より安価な機種の方が合うということは形状の違いによるものを除けば普通ありません。

●補聴器の値段

補聴器は、聴力の測定やカウンセリングを元に調整してお渡しすることを前提とした設計になっています。価格の中には再調整や日常点検の費用も含まれます。保証期間終了後の修理は有償になりますが、再調整や点検は原則無料です。
種類(デジタル/アナログ)や形によってかなり価格帯も変わってくるので、下図に示します。

補聴器の価格帯

補聴器の価格帯

同じ種類、形でも幅があるのは、出力、機能の充実度合いの差によるものです。
出力に関しては高い方が、機能面では充実している方が高価になります。
機能といっても特に操作が必要になるものは少なく、状況に応じて自動で働くものがほとんどです。「高機能になると操作が難しくて使えない」ということはあまりないと思います。

●補聴器の性能

現在の補聴器にある代表的な機能を下に列挙します。

○アナログの機能
・音質調整
低音域や高音域の出力を抑える事で音質を調整します。聴力のデータを基に調整しますが、最終的にはご本人の聞きやすい音質に合わせます。
・出力制限
強大音で耳を傷めない様に、出力を制限します。ピークカットという方式が多く、突出した成分を「切り取る」ため、大きな音が入ってきたときは音がひずみ、割れて聞こえます。
・騒音抑制
騒音になりそうなところをカットします。一般に低音域を抑えます。
○デジタルの機能
・音質調整
考え方はアナログの物と同じですが、デジタルの方がより細かい調整が可能です。
・出力制限
強大音で耳を傷めない様に、出力を制限します。大きな音が入ってきた時は自動的に感度を下げるため、音をひずませることなく出力を抑えます。
・騒音抑制
会 話の邪魔になる騒音を抑えて言葉を聴きやすくします。入ってきた音を分析し、音を細か周波数帯に分けて騒音が多い部分の感度を下げます。分けられた周波数 帯を「チャンネル」や「バンド」等の言葉で表現しています。これらの数値が大きいほど細かく分けられているので騒音抑制の精度も高いということになりま す。(メーカーによって仕組みは異なるので、それだけでは判断できませんが。)
・ハウリング抑制
ハウリングとはピーピー音です。補聴器が自分で出した音を拾い、それを増幅して出す、さらにその音を拾って増幅する、ということを繰り返してピー、と鳴ります。
このハウリングが起きにくくする機能です。方式は2種類あります。
「ノッチ方式」
ハウリングが起きそうな周波数帯の感度を下げて、ハウリングを抑えます。
「逆位相方式」
ハウリングの音に、位相を反転した音をぶつけて打ち消します。
必要な感度を下げずにハウリングを抑えるため、逆位相の方が優れていると言えますが、いずれも絶対にハウリングしないというものではなく、状況が悪ければ抑えきれないこともあります。(※方式の呼び名は他にも色々あると思います。)
・指向性
後 ろからの音を抑えて、正面の会話を聴きやすくする機能です。「後ろから話しかけられたり、車が来たりしたら気づかないんじゃないか?」と、心配になります が、後ろの音を完全に入れないわけではないですし、通常は全方向の音を満遍なく拾い必要な時だけ指向性が働く機種が多くなっています。比較的上位の機種に なりますと、複数の騒音源をとらえて追尾しながら抑えるといったことを自動で行います。
・アンチショック
衝撃音を抑えます。出力制限と違い、突然入ってきた音を抑えるため、さほど大きい音でなくても感度を下げて驚かないようにしてくれます。
・風切音抑制
風による雑音を抑えます。
・プログラム切り替え
複数の設定を補聴器に覚えこませて、状況に応じて切り替えることが出来まる機能です。これは自分で操作する必要がありますが、ややこしければ使わなくても問題ありません。

これが全てではありませんが、これらの機能が入ってるか入っていないか、どのくらいの程度で効くか、等により価格が変わってきます。
デジタルの方が機能が多く選択の幅も大きいので、価格の幅も大きくなっています。

補聴器は基本的には入ってきた音を増幅して大きくすることで、聴こえを補う医療機器です。集音器などと違い医療機器ですので、大方の機種は耳を傷めないための大きな音の制限や聴力に合わせるための調整機能を持っています。そのため、同じ機種でも調整次第で全く別物になります。
機種は数え切れない程ありますが、大きく分けると機械の形として6種類、増幅の方式として2種類あります。初めてお使いになる時は形から考えられた方が選びやすいと思います。

●形の種類

耳穴型

耳穴型

耳の穴に収まる補聴器です。型を取って作るオーダーメイドのものと、既製のものがあります。
高出力タイプ以外では、小型軽量の物が製作可能です。

マイク分離耳穴型

マイク分離耳穴型

上記耳穴型と同じ構造ですが、マイクを分離して外部に出すことでさらに小型化が可能です。
マイクを耳介の内部に配置することにより、耳介の集音効果を活用できます。

耳掛型

耳掛型

耳の上に乗せるかたちで着ける補聴器です。一般的に補聴器というとこの形を想像される方が多いのではないでしょうか?眼鏡のつると同じような乗せ方をします。

超小型耳掛型

超小型耳掛型

着け方は耳掛型と同じですが、レシーバー(スピーカー部)を分離するなどして、超小型に作られています。耳の中に入るチューブ、コードも極細の物を使いますので、傍からはほどんど見えません。

箱型

箱型

ポケットラジオのような形をしています。イヤホンで聞くのでコードが邪魔になりますが本体が大きいため操作は一番しやすいです。

メガネ型

メガネ型

眼鏡のつるの中に補聴器を入れ込んでいます。
骨導補聴器に多く使われます。

※形の違いは装用感・使用感に関わってきますので、いちばん着けやすい、使いやすいと思われるものをお選びになる方がいいと思います。ただし、聞こえの状態によっては適さない場合もありますので、専門の技能者と相談しながら考えることをお薦めします。

●増幅方式

・デジタル

内臓された小型のコンピュータにより入ってきた音を処理して出力します。
細かい調整が可能なものが多いので、お好みの音に合わせやすいという利点があります。
騒音(聞きたくない音)やハウリング(ピーピー音)を抑えて言葉を強調する回路を持っている機種も多くあります。機能が充実するほど高価になります。

・アナログ

歴史のあるシンプルなアンプにより音声を増幅します。比較的安価です。
音がストレートに入ってくるので自然の音に近いですが、調整機能や快適機能があまりないため、デジタルに比べると”聞きにくさ”はあると思います。
ただ、長年アナログ補聴器を愛用されている方の中には、アナログでないと物足りないとおっしゃる方もかなりいらっしゃいます。

※音に関しては実際に聞いてみないことにはわからないので、補聴器店で試聴させてもらうことをお薦めします。どの機種が良く、楽に聞こえるかは人それぞれ違います。
健聴者が自然なきれいな音に聞こえる機種でも難聴者にとっては不自然で、健聴者が不自然に聞こえる機種の方が自然に聞こえるということも多々あります。

このスペースに表示するには、ウィジェット管理でカテゴリー、ページ、タグなど、好みのパーツを設定します。