‘ブルートゥース’ タグ

テレビやステレオの音を、周りの音に邪魔されずに直接聞くことが出来ればかなり聞きやすくなります。小型のスピーカーを近くに置くだけでも改善しますし、音声を直接補聴器に取り込めればさらに聴きやすくなります。そのための機器をご提案いたします。

●ワイヤレス式テレビ補聴スピーカー サウンドアシスト 【商品詳細:自立コム】

イヤホンやヘッドホンをしてテレビの音声を聞くのはわずらわしいという方のためのワイヤレス式テレビ補聴スピーカです。発信機をテレビに接続しておけば、約25m以内のどこにスピーカ(受信機)を置いても、鮮明な音声を受信できます。近くにスピーカーを置けるので音量を抑えられ、聴き取りやすくなります。

電波式の無線ですので、赤外線のように途切れることがありません。

サウンドアシスト

●Mリンク 【商品詳細:自立コム】

補聴器の「テレコイル」という機能を使います。

「テレコイル」とは、スピーカー等で音を出すときに発生する磁力線を補聴器内部のコイルで受け、電磁誘導を起こすことで受信する方法です。周囲の音が入らないので聞き取りやすくなります。補聴器を「テレコイル」のモードに切り替えて使用します。切り替え方は機種により異なります。ついてない機種もあります。

Mリンクはテレビやステレオのイヤホンジャックに差し込めんで耳にかければ、耳掛形や耳穴形補聴器の「テレコイル」モードで聞くことが出来ます。
有線ですのでテレビを見ている間は動けないという難点はあります。

Mリンク

Mリンク

●FM補聴システム/ワイヤレスガイドシステム/ブルートゥース

テレビやステレオの音声を電波で送信します。それを、受信機と接続した補聴器や受信機内蔵型の補聴器で受信します。周囲の音が入らないので言葉が聞き取りやすくなります。
ワイヤレスですので、テレビを見ながら室内を動き回る事は可能です。ブルートゥースはFMやワイヤレスガイドに比べて到達距離が短くなります。

下図はワイヤレスガイドシステムでのイメージです。

TV用ワイヤレス補聴システムイメージ

TV用ワイヤレス補聴システムイメージ

既存の電話機に取り付けて使うもの、補聴器の機能も利用して聞きやすくする物等があります。携帯電話に対応しているものもあります。

●テレアンプ3 【商品詳細:自立コム】

既存の電話機に接続して使用します。手軽ですが、結構な増幅が可能です(約45dB)。
以前の商品では電話機によって合わない事も多くありましたが、切り替えスイッチによりほとんどの電話機での使用が可能になりました。

テレアンプ?

テレアンプ3

●ブルートゥース

補聴器と電話機に通信機を付けて、無線で通話します。音は補聴器を通じて増幅されて入ってきます。携帯電話には通信機を内蔵している機種もあります。

このスペースに表示するには、ウィジェット管理でカテゴリー、ページ、タグなど、好みのパーツを設定します。