‘ワイヤレスガイドシステム’ タグ

補聴器で会議や講演会での声を聞き取るのは、個人差は ありますが一般的に困難です。両耳装用で聞き分けを改善し、出来るだけ話し手の近く、スピーカーがある場合はスピーカーの近くで聞くことが重要になりま すが、話し手の声が直接補聴器に入ってくればかなり聴きやすくなります。

●ループシステム

補聴器の「テレコイル」という機能を使います。

「テレコイル」とは、スピーカー等で音を出すときに発生する磁力線を補聴器内部のコイルで受け、電磁誘導を起こすことで受信する回路です。周囲の音が入らないので聞き取りやすくなります。
補聴器を「テレコイル」のモードに切り替えて使用します。切り替え方は機種により異なります。ついてない機種もあります。

会場にケーブルを敷設し、話し手の声を磁力線にとして会場内に発信します。それを補聴器の「テレコイル」機能で受信します。
会場によっては常設で施工されているところもありますが、必要に応じて持ち運びが出来るセットもあります。

ループシステムイメージ

ループシステムイメージ

携帯ループシステム(拡声機付)概略

携帯ループシステム(拡声機付)概略

●FM補聴システム/ワイヤレスガイドシステム

マイクが拾った声を電波で送信します。それを、受信機と接続した補聴器や受信機内蔵型の補聴器で受信します。ループシステム同様、周囲の音が入らないので言葉が聞き取りやすくなります。
会場への設置に工事が不要で、機器も軽いので持ち運びにも便利です。
電波の到達距離も数十メートルと、大きめの会議室でも使用可能です。ご家庭でのテレビ用などに使用することも出来ます。

FM補聴システムイメージ

FM補聴システム/ワイヤレスガイドシステムイメージ

テレビやステレオの音を、周りの音に邪魔されずに直接聞くことが出来ればかなり聞きやすくなります。小型のスピーカーを近くに置くだけでも改善しますし、音声を直接補聴器に取り込めればさらに聴きやすくなります。そのための機器をご提案いたします。

●ワイヤレス式テレビ補聴スピーカー サウンドアシスト 【商品詳細:自立コム】

イヤホンやヘッドホンをしてテレビの音声を聞くのはわずらわしいという方のためのワイヤレス式テレビ補聴スピーカです。発信機をテレビに接続しておけば、約25m以内のどこにスピーカ(受信機)を置いても、鮮明な音声を受信できます。近くにスピーカーを置けるので音量を抑えられ、聴き取りやすくなります。

電波式の無線ですので、赤外線のように途切れることがありません。

サウンドアシスト

●Mリンク 【商品詳細:自立コム】

補聴器の「テレコイル」という機能を使います。

「テレコイル」とは、スピーカー等で音を出すときに発生する磁力線を補聴器内部のコイルで受け、電磁誘導を起こすことで受信する方法です。周囲の音が入らないので聞き取りやすくなります。補聴器を「テレコイル」のモードに切り替えて使用します。切り替え方は機種により異なります。ついてない機種もあります。

Mリンクはテレビやステレオのイヤホンジャックに差し込めんで耳にかければ、耳掛形や耳穴形補聴器の「テレコイル」モードで聞くことが出来ます。
有線ですのでテレビを見ている間は動けないという難点はあります。

Mリンク

Mリンク

●FM補聴システム/ワイヤレスガイドシステム/ブルートゥース

テレビやステレオの音声を電波で送信します。それを、受信機と接続した補聴器や受信機内蔵型の補聴器で受信します。周囲の音が入らないので言葉が聞き取りやすくなります。
ワイヤレスですので、テレビを見ながら室内を動き回る事は可能です。ブルートゥースはFMやワイヤレスガイドに比べて到達距離が短くなります。

下図はワイヤレスガイドシステムでのイメージです。

TV用ワイヤレス補聴システムイメージ

TV用ワイヤレス補聴システムイメージ

このスペースに表示するには、ウィジェット管理でカテゴリー、ページ、タグなど、好みのパーツを設定します。