‘効果’ タグ

●補聴器の試聴・貸し出しについて

近年は多くの補聴器店で一定期間の試聴貸し出しを行っています。
それぞれの補聴器店の考え方なので、貸出制度の無い店が不親切であるということではなく、もちろん貸出制度のある店が優良店であるとも限りません。

補聴器の装用を検討する上で、貸出で試すことが出来れば納得して購入する事が出来ます。
ただし、補聴器は時間をかけて使いこなしていく必要があるので、貸出期間の間に補聴器の良し悪しを完全に判断する事は出来ません。
ある程度実感できる効果があって使うことが出来そうなら、前向きに購入を検討されてもいいと思います。

また、一度貸し出し時に上手くいかなくても調整の変更や機種の交換で改善する事もありますので、短期間であきらめずによく相談する事をお薦めいたします。

●両耳装用の効果

補聴器を購入する際の検討事項として、どちらの耳に着けるか、両方につけるか、という点があります。

一般的には両耳に着けて両耳を活用した方が、音の方向や距離を判別しやすくなり、聴き取りも良くなります。

もちろん、左右の聴力差が大きい場合など効果が得られない事もありますし、片方でも十分な効果が得られる場合もありますので、補聴器技能者とよくご相談の上でご検討下さい。

●両耳装用の効果
一般的に以下のような効果があると言われています。

・騒音の中での会話が聴き取りやすくなる
・音の方向や位置がつかみやすい
・比較的小さい音量でも聞き取れるので疲れにくく、ハウリングも起こりにくい

●片耳装用の場合
片耳装用の場合、基本的には比較的言葉の聴き取りの良い方の耳に装用します。その方が効果が得られやすいためです。
ただし、片耳が健聴に近い等の場合は悪い方に装用することもあります。

このスペースに表示するには、ウィジェット管理でカテゴリー、ページ、タグなど、好みのパーツを設定します。