‘医療機器’ タグ

補聴器店で購入する補聴器と通信販売の補聴器は全く別のものです。さらに、通信販売で売られている集音器・助聴器等の類似品はもっと違います。
通信販売で売られている物には「調整の必要がない」「お店に通う必要がない」ということを売りにしている場合がありますが、「調整機能がないためお店に行っても何も出来ない」くらいに思ってください。自動調整等はあり得ません。
以下にこれらの違いと留意点をご説明します。

●補聴器と集音器・助聴器等の違い

まず、補聴器と集音器・助聴器等の類似品についてご説明致します。
一番大きな違いは「補聴器」と名のつくものは「管理医療機器」として、薬事法の規定に基づいた承認を受けているという点です。
難聴とダイナミックレンジ」「リニア/ノンリニア増幅」でもご説明しております通り、難聴者のきこえを改善するためには、ただ音を大きくすればいいというわけではありません。また、必要以上に音を大きくした場合は耳を痛める等の健康被害の危険性があります。
「補聴器」はこういった健康被害を防ぐための機能を有しているものでないと承認は受けられません。もちろん、聴力に合わせた調整が必要になります。
集音器・助聴器等はその承認を受けていません。
音質等は個人の好みがありますので、集音器や助聴器の中に聞きやすいものがある可能性は十分にあります。しかし、上記の点を留意しておく必要があります。

●補聴器店の補聴器と通信販売の補聴器の違い
どちらも「補聴器」なので上記の「管理医療機器」の承認は受けています。
補聴器は聴力に合わせて調整する必要がありますが、通販器種には音量以外の調整機能はない場合がほとんどです。 それに対し、補聴器店の補聴器は聴力に合わせた調整はもちろん、メンテナンス等のアフターサービスも価格の中に入っています。(補聴器店選びが重要なのはこのためです。)
軽度難聴の場合は低出力の補聴器を調整なしで少し音量を上げれば十分役に立つ場合はあります。こういった場合は通販器種の方が安くあがりますが、逆に全く役に立たない可能性も大きいので一種の賭けになります。

また、集音器にしても補聴器にしても、通信販売でもっとも認識しておくべきなのは、音の調整や部品の選定、形状の調整に至るまで、全てをご自分で行う必要があるということです。

補聴器の販売方法については以下の記事もご参照ください。

【ご参考】国民生活センターの資料

補聴器は基本的には入ってきた音を増幅して大きくすることで、聴こえを補う医療機器です。集音器などと違い医療機器ですので、大方の機種は耳を傷めないための大きな音の制限や聴力に合わせるための調整機能を持っています。そのため、同じ機種でも調整次第で全く別物になります。
機種は数え切れない程ありますが、大きく分けると機械の形として6種類、増幅の方式として2種類あります。初めてお使いになる時は形から考えられた方が選びやすいと思います。

●形の種類

耳穴型

耳穴型

耳の穴に収まる補聴器です。型を取って作るオーダーメイドのものと、既製のものがあります。
高出力タイプ以外では、小型軽量の物が製作可能です。

マイク分離耳穴型

マイク分離耳穴型

上記耳穴型と同じ構造ですが、マイクを分離して外部に出すことでさらに小型化が可能です。
マイクを耳介の内部に配置することにより、耳介の集音効果を活用できます。

耳掛型

耳掛型

耳の上に乗せるかたちで着ける補聴器です。一般的に補聴器というとこの形を想像される方が多いのではないでしょうか?眼鏡のつると同じような乗せ方をします。

超小型耳掛型

超小型耳掛型

着け方は耳掛型と同じですが、レシーバー(スピーカー部)を分離するなどして、超小型に作られています。耳の中に入るチューブ、コードも極細の物を使いますので、傍からはほどんど見えません。

箱型

箱型

ポケットラジオのような形をしています。イヤホンで聞くのでコードが邪魔になりますが本体が大きいため操作は一番しやすいです。

メガネ型

メガネ型

眼鏡のつるの中に補聴器を入れ込んでいます。
骨導補聴器に多く使われます。

※形の違いは装用感・使用感に関わってきますので、いちばん着けやすい、使いやすいと思われるものをお選びになる方がいいと思います。ただし、聞こえの状態によっては適さない場合もありますので、専門の技能者と相談しながら考えることをお薦めします。

●増幅方式

・デジタル

内臓された小型のコンピュータにより入ってきた音を処理して出力します。
細かい調整が可能なものが多いので、お好みの音に合わせやすいという利点があります。
騒音(聞きたくない音)やハウリング(ピーピー音)を抑えて言葉を強調する回路を持っている機種も多くあります。機能が充実するほど高価になります。

・アナログ

歴史のあるシンプルなアンプにより音声を増幅します。比較的安価です。
音がストレートに入ってくるので自然の音に近いですが、調整機能や快適機能があまりないため、デジタルに比べると”聞きにくさ”はあると思います。
ただ、長年アナログ補聴器を愛用されている方の中には、アナログでないと物足りないとおっしゃる方もかなりいらっしゃいます。

※音に関しては実際に聞いてみないことにはわからないので、補聴器店で試聴させてもらうことをお薦めします。どの機種が良く、楽に聞こえるかは人それぞれ違います。
健聴者が自然なきれいな音に聞こえる機種でも難聴者にとっては不自然で、健聴者が不自然に聞こえる機種の方が自然に聞こえるということも多々あります。

このスペースに表示するには、ウィジェット管理でカテゴリー、ページ、タグなど、好みのパーツを設定します。