‘器種’ タグ

一般的に補聴器は対面販売であるべきだとされています。

なぜでしょうか?

よく言われるのは、個人個人に合わせた調整が必要なので、ということです。
聞こえは一人ひとり違います。その聞こえにあわせた調整は必ず必要になります。
通信販売や安価な補聴器では調整機能を持っていない場合もありますが、それでも最低限音量の調整は必要になります。

もちろん、そういった場合はご使用になるご本人による調整も可能です。
しかし、その音量が適したものであるかは客観的な判断が必要になります。
難聴者のきこえはとても難しく、音量を上げすぎると逆にきこえにくくなります。耳を傷める危険性もあります。
自分で耳を傷めるほど大きな音にはしない、と思われるかもしれませんが、環境や相手の話し方が原因で聞き取りにくい場合に極端に音量を上げようとされることはよくあります。

専門家による調整をお勧めする理由はそのためです。

他にも対面販売が望ましい理由があります。
それは次回述べたいと思います。

補聴器の販売方法_対面販売・通信販売_2

こちらも参照ください。

通販補聴器・集音器・助聴器

このスペースに表示するには、ウィジェット管理でカテゴリー、ページ、タグなど、好みのパーツを設定します。