‘感音難聴’ タグ

●補聴器の増幅方式

補聴器は音を大きくする医療機器ですが、ただ大きくすればいいというものではなく、装用者のダイナミックレンジに聞きたい音を納める必要があります。

ダイナミックレンジについては『難聴とダイナミックレンジ」をご参照ください。

補聴器の増幅幅を決める方式として、大きく2種類「リニア」と「ノンリニア」があります。

・リニア

入力音の大きさに関わらず、すべての音を同じだけ増幅します。一般に伝音難聴に適合します。
ただし、大きくしすぎると耳を痛めるため、補聴器には基本的に出力制限機能があります。
アナログ補聴器の多くにみられるPC(ピークカット)という出力制限の方式は波形の突出した部分をカットするため、大きめの音が入ってきたときには歪んだり割れたりすることがあります。

リニア増幅イメージ

リニア増幅イメージ

・ノンリニア

入力音の大きさによって増幅幅が変化します。
小さい音は大きな増幅幅を、大きい音には小さな増幅幅を持たせ、極端に大きい音の場合は逆に抑えます。そうすることで装用者のダイナミックレンジに納めます。
ワイドダイナミックレンジコンプレッションと呼ばれます。一般に感音・混合難聴に適合します。
入力音によって感度を調整するため波形は崩れず、歪みや割れはありません。

ノンリニア増幅イメージ

ノンリニア増幅イメージ

●ダイナミックレンジとは

聞き取れる最も小さい音の大きさを「最小可聴閾値」と呼びます。これより小さい音は聞こえません。
また、快適に聞き取れる最も大きい音の大きさを「最大快聴閾値」と呼びます。これより大きい音はうるさく感じます。

それぞれ個人差があり、最小可聴閾値〜最大快聴閾値をダイナミックレンジと呼びます。

●感音難聴のダイナミックレンジ

難聴になると最小可聴閾値が上昇しますが、感音難聴の特徴として最大快聴閾値が下降することがあります。
つまり、大きい音でないと聞こえないが、健聴者にとってはそれほどうるさくない程度の音でもうるさく感じる、ということになり、ダイナミックレンジはかなり狭くなります。

そのため、感音難聴・混合難聴の方に補聴器を合わせる場合、小さい音は大きく増幅し、大きめの音はあまり増幅しないように、極端に大きい音は逆に小さくなるようにすることが望ましいです。
このような増幅方式をワイドダイナミックレンジコンプレッションと呼び、デジタル補聴器(一部の安価な補聴器を除く)で可能です。
アナログ補聴器でもごくわずかですが可能な機種もあります。
これが不可能な補聴器は使えないという訳ではなく、出力制限で対応します。(出力制限の機能は必須です。)

コンプレッションについては「リニア/ノンリニア増幅」をご参照下さい。

ダイナミックレンジ

ダイナミックレンジ

このスペースに表示するには、ウィジェット管理でカテゴリー、ページ、タグなど、好みのパーツを設定します。