‘種類’ タグ

補聴器は基本的には入ってきた音を増幅して大きくすることで、聴こえを補う医療機器です。集音器などと違い医療機器ですので、大方の機種は耳を傷めないための大きな音の制限や聴力に合わせるための調整機能を持っています。そのため、同じ機種でも調整次第で全く別物になります。
機種は数え切れない程ありますが、大きく分けると機械の形として6種類、増幅の方式として2種類あります。初めてお使いになる時は形から考えられた方が選びやすいと思います。

●形の種類

耳穴型

耳穴型

耳の穴に収まる補聴器です。型を取って作るオーダーメイドのものと、既製のものがあります。
高出力タイプ以外では、小型軽量の物が製作可能です。

マイク分離耳穴型

マイク分離耳穴型

上記耳穴型と同じ構造ですが、マイクを分離して外部に出すことでさらに小型化が可能です。
マイクを耳介の内部に配置することにより、耳介の集音効果を活用できます。

耳掛型

耳掛型

耳の上に乗せるかたちで着ける補聴器です。一般的に補聴器というとこの形を想像される方が多いのではないでしょうか?眼鏡のつると同じような乗せ方をします。

超小型耳掛型

超小型耳掛型

着け方は耳掛型と同じですが、レシーバー(スピーカー部)を分離するなどして、超小型に作られています。耳の中に入るチューブ、コードも極細の物を使いますので、傍からはほどんど見えません。

箱型

箱型

ポケットラジオのような形をしています。イヤホンで聞くのでコードが邪魔になりますが本体が大きいため操作は一番しやすいです。

メガネ型

メガネ型

眼鏡のつるの中に補聴器を入れ込んでいます。
骨導補聴器に多く使われます。

※形の違いは装用感・使用感に関わってきますので、いちばん着けやすい、使いやすいと思われるものをお選びになる方がいいと思います。ただし、聞こえの状態によっては適さない場合もありますので、専門の技能者と相談しながら考えることをお薦めします。

●増幅方式

・デジタル

内臓された小型のコンピュータにより入ってきた音を処理して出力します。
細かい調整が可能なものが多いので、お好みの音に合わせやすいという利点があります。
騒音(聞きたくない音)やハウリング(ピーピー音)を抑えて言葉を強調する回路を持っている機種も多くあります。機能が充実するほど高価になります。

・アナログ

歴史のあるシンプルなアンプにより音声を増幅します。比較的安価です。
音がストレートに入ってくるので自然の音に近いですが、調整機能や快適機能があまりないため、デジタルに比べると”聞きにくさ”はあると思います。
ただ、長年アナログ補聴器を愛用されている方の中には、アナログでないと物足りないとおっしゃる方もかなりいらっしゃいます。

※音に関しては実際に聞いてみないことにはわからないので、補聴器店で試聴させてもらうことをお薦めします。どの機種が良く、楽に聞こえるかは人それぞれ違います。
健聴者が自然なきれいな音に聞こえる機種でも難聴者にとっては不自然で、健聴者が不自然に聞こえる機種の方が自然に聞こえるということも多々あります。

補聴器は、つけたからといって完全に聴力がもどるものではありません。あくまでも残っている聴こえを補う機器なので限界があります。だからこそ残っている聴力を生かすのに適した機種を選び、一人ひとりの聴力に合わせて適正に調整される必要があります。その上で、道具としての限界を理解して上手くお使い頂ければ、と思っています。
ここでは、難聴の種類とそれぞれについて補聴器の効果をご説明します。

耳の機能は大まかに、音を物理的に神経に伝える部分と、その音を拾って電気信号に変換し脳に送る部分に分かれます。難聴の原因となる障害がどこにあるかによって難聴の種類が異なります。
・音を電気信号として脳に送る部分に障害がある場合→感音性難聴
・音を神経に伝える部分に障害がある場合→伝音性難聴
・感音部、伝音部の両方に障害がある場合→混合性難聴

難聴の種類

難聴の種類

●感音性難聴
騒音性難聴や老人性難聴はこれにあたります。
音を電気信号に変換して送る部分が傷んでいるため、小さな音が聞きづらいだけでなく音がゆがんでしまっていたり音の聞き分けが困難になってしまっています。そのため、補聴器をつけてもゆがんだ部分や聞き分けの困難さは残り、

・早口の会話
・複数人の会話
・口の中で話すようなはっきりしない発音

・騒音下の会話

等は聞き取りづらくなります。
程度は個人差があり、データ上は同じ聴力でも言葉の聞き取りはそれぞれ異なります。
ただ、会話の中での聞き取りは、聞き取りにくい言葉があっても前後関係等からの推測も働くため、
・ゆっくり
・はっきり
・正面から

話をすれば、補聴器装用により会話がしやすくなることが多いです。

●伝音性難聴
鼓膜から、音を変換する内耳に至る経路の部分に障害があり、音が上手く伝わらない状態です。
神経は正常に機能していますので、大きい音を入れればよく聞こえます。障害のある部分を介さずに骨を通して音を伝える骨導補聴器も効果的です。
補聴器の効果はかなり期待出来ますが、手術や治療によっても回復の可能性がある場合があります。

●混合性難聴
感音性難聴と伝音性難聴の両方の要素が合わさった難聴です。

このスペースに表示するには、ウィジェット管理でカテゴリー、ページ、タグなど、好みのパーツを設定します。