‘聴力’ タグ

補聴器店で購入する補聴器と通信販売の補聴器は全く別のものです。さらに、通信販売で売られている集音器・助聴器等の類似品はもっと違います。
通信販売で売られている物には「調整の必要がない」「お店に通う必要がない」ということを売りにしている場合がありますが、「調整機能がないためお店に行っても何も出来ない」くらいに思ってください。自動調整等はあり得ません。
以下にこれらの違いと留意点をご説明します。

●補聴器と集音器・助聴器等の違い

まず、補聴器と集音器・助聴器等の類似品についてご説明致します。
一番大きな違いは「補聴器」と名のつくものは「管理医療機器」として、薬事法の規定に基づいた承認を受けているという点です。
難聴とダイナミックレンジ」「リニア/ノンリニア増幅」でもご説明しております通り、難聴者のきこえを改善するためには、ただ音を大きくすればいいというわけではありません。また、必要以上に音を大きくした場合は耳を痛める等の健康被害の危険性があります。
「補聴器」はこういった健康被害を防ぐための機能を有しているものでないと承認は受けられません。もちろん、聴力に合わせた調整が必要になります。
集音器・助聴器等はその承認を受けていません。
音質等は個人の好みがありますので、集音器や助聴器の中に聞きやすいものがある可能性は十分にあります。しかし、上記の点を留意しておく必要があります。

●補聴器店の補聴器と通信販売の補聴器の違い
どちらも「補聴器」なので上記の「管理医療機器」の承認は受けています。
補聴器は聴力に合わせて調整する必要がありますが、通販器種には音量以外の調整機能はない場合がほとんどです。 それに対し、補聴器店の補聴器は聴力に合わせた調整はもちろん、メンテナンス等のアフターサービスも価格の中に入っています。(補聴器店選びが重要なのはこのためです。)
軽度難聴の場合は低出力の補聴器を調整なしで少し音量を上げれば十分役に立つ場合はあります。こういった場合は通販器種の方が安くあがりますが、逆に全く役に立たない可能性も大きいので一種の賭けになります。

また、集音器にしても補聴器にしても、通信販売でもっとも認識しておくべきなのは、音の調整や部品の選定、形状の調整に至るまで、全てをご自分で行う必要があるということです。

補聴器の販売方法については以下の記事もご参照ください。

【ご参考】国民生活センターの資料

補聴器店での相談って、どんなことをするんでしょう?

そんなご質問にお答えして、一般的な補聴器のご相談の流れをご説明致します。

あくまでも一般的な流れですので、補聴器店や状況によって手順や内容が違う場合もあります。下記のご説明では「ご購入」から「アフターサービス」までの流れとなっていますが、もちろん必ず購入しなければならない訳ではありません。相談の途中で必要ないと感じられたらご購入を中止しても問題ありませんので、お気軽に相談してみてください。

【1】カウンセリング

カウンセリング

カウンセリング

どんなときに不便を感じるのか、どういう音が聞こえにくいのかなど、ご自身の現在の聞こえの状態をできるだけ詳しくお店の人に伝えましょう。

また、補聴器に関する疑問や要望なども遠慮なく相談してみてください。

【2】聴力測定

現在の聴力を正確に調べるために、聞き取りのテストを行います。

音の聞こえの他に、ことばの聞き取り具合をテストすることもあります。

聴力測定

聴力測定

【3】補聴器の機種選択

補聴器の機種選択

補聴器の機種選択

カウンセリング内容や聴力測定の結果を踏まえた上でご自身の聴力や目的にあった最適な補聴器を選びます。

使うとしたらどんな補聴器は欲しいか、ご要望を伝えてご相談ください。

【4】フィッティング

お店のスタッフが、あなたの聴力の状態に合わせて、補聴器の音域や音質、出力など、きめ細やかな調整を行います。

フィッティング

フィッティング

【5】試聴

試聴

試聴

実際に補聴器をつけて音を聞いてみます。静かな店内だけでなく、外の騒がしい場所での聞こえはどうか等、色々お試し下さい。それによって細かい調整を行います。補聴器店によっては一定期間の貸し出しが可能なこともあります。

色々微調整してみても合わない等、ご納得頂けない場合は【3】補聴器の機種選択に戻り、再度ご検討頂きます。

【6】購入

気に入った補聴器が見付かったら、いよいよ購入です。最終的に音の微調整を行い、お持ち帰り頂きます。

オーダーメイド補聴器の場合はあなたの耳の形に合わせてお作りするので、製作にはおよそ1週間かかります。完成後に再度ご確認頂き、お持ち帰り頂きます。

購入

購入

【7】アフターサービス

アフターサービス

アフターサービス

補聴器をご購入後も、いろいろな環境での聞こえを確かめながら、さらに調整を重ね、満足のいく補聴器を仕上げていきます。少しでも気になる事や不具合があったら、すぐにお店に相談しましょう。

オーダーメイドの補聴器で、形が合わない、着けてると痛い、などの場合、一定期間は作り直しが出来ますので早めに相談するようにしましょう。

補聴器は、つけたからといって完全に聴力がもどるものではありません。あくまでも残っている聴こえを補う機器なので限界があります。だからこそ残っている聴力を生かすのに適した機種を選び、一人ひとりの聴力に合わせて適正に調整される必要があります。その上で、道具としての限界を理解して上手くお使い頂ければ、と思っています。
ここでは、難聴の種類とそれぞれについて補聴器の効果をご説明します。

耳の機能は大まかに、音を物理的に神経に伝える部分と、その音を拾って電気信号に変換し脳に送る部分に分かれます。難聴の原因となる障害がどこにあるかによって難聴の種類が異なります。
・音を電気信号として脳に送る部分に障害がある場合→感音性難聴
・音を神経に伝える部分に障害がある場合→伝音性難聴
・感音部、伝音部の両方に障害がある場合→混合性難聴

難聴の種類

難聴の種類

●感音性難聴
騒音性難聴や老人性難聴はこれにあたります。
音を電気信号に変換して送る部分が傷んでいるため、小さな音が聞きづらいだけでなく音がゆがんでしまっていたり音の聞き分けが困難になってしまっています。そのため、補聴器をつけてもゆがんだ部分や聞き分けの困難さは残り、

・早口の会話
・複数人の会話
・口の中で話すようなはっきりしない発音

・騒音下の会話

等は聞き取りづらくなります。
程度は個人差があり、データ上は同じ聴力でも言葉の聞き取りはそれぞれ異なります。
ただ、会話の中での聞き取りは、聞き取りにくい言葉があっても前後関係等からの推測も働くため、
・ゆっくり
・はっきり
・正面から

話をすれば、補聴器装用により会話がしやすくなることが多いです。

●伝音性難聴
鼓膜から、音を変換する内耳に至る経路の部分に障害があり、音が上手く伝わらない状態です。
神経は正常に機能していますので、大きい音を入れればよく聞こえます。障害のある部分を介さずに骨を通して音を伝える骨導補聴器も効果的です。
補聴器の効果はかなり期待出来ますが、手術や治療によっても回復の可能性がある場合があります。

●混合性難聴
感音性難聴と伝音性難聴の両方の要素が合わさった難聴です。

●難聴の程度

聴覚障害の程度は、何とか聴こえる程度の音の大きさを測定しdB(HL)の単位で表します。音の大きさが大きいほど高い値を示し、これにより健康な場合に対しどれだけ聞こえが悪くなったか(大きな音でないと聞こえないか)が示されます。

大まかな聴覚障害の程度は以下の通りです。

聴力30〜40dB:普通の会話には不自由しないが、ささやき声は聞き取りにくい。
聴力40〜50dB:会議場での聞き取りは困難。1対1の会話では不自由しないが、聞き違いがあります。
聴力50〜70dB:会議場での聞き取りは不自由。1m位の距離で大声なら聞き取れます。
聴力70〜80dB:50cm以上離れると、会話が困難です。
聴力80〜90dB:耳にくっつくように話さなければ、会話の聞き取りができません。
聴力90〜100dB:耳にくっつくようにして、大声で話す必要があります。
聴力100dB以上:会話がまったく聞き取れません。

●身体障害者等級

平均聴力が規定以上になると身体障害者に認定されます。これは病気等による難聴に限らず、老人性難聴でも対象になります。

下記がその基準です。

2級
両耳の聴力レベルがそれぞれ100dB以上のもの(両耳全ろう)
3級
両耳の聴力レベルが90dB以上のもの(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)
4級
  1. 両耳の聴力レベルが80dB以上のもの(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
  2. 両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下のもの
6級
  1. 両耳の聴力レベルが70dB以上のもの(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
  2. 一側耳の聴力レベルが90dB以上、他耳の聴力レベルが50dB以上のもの

このスペースに表示するには、ウィジェット管理でカテゴリー、ページ、タグなど、好みのパーツを設定します。