‘補聴器’ タグ

●補聴器の増幅方式

補聴器は音を大きくする医療機器ですが、ただ大きくすればいいというものではなく、装用者のダイナミックレンジに聞きたい音を納める必要があります。

ダイナミックレンジについては『難聴とダイナミックレンジ」をご参照ください。

補聴器の増幅幅を決める方式として、大きく2種類「リニア」と「ノンリニア」があります。

・リニア

入力音の大きさに関わらず、すべての音を同じだけ増幅します。一般に伝音難聴に適合します。
ただし、大きくしすぎると耳を痛めるため、補聴器には基本的に出力制限機能があります。
アナログ補聴器の多くにみられるPC(ピークカット)という出力制限の方式は波形の突出した部分をカットするため、大きめの音が入ってきたときには歪んだり割れたりすることがあります。

リニア増幅イメージ

リニア増幅イメージ

・ノンリニア

入力音の大きさによって増幅幅が変化します。
小さい音は大きな増幅幅を、大きい音には小さな増幅幅を持たせ、極端に大きい音の場合は逆に抑えます。そうすることで装用者のダイナミックレンジに納めます。
ワイドダイナミックレンジコンプレッションと呼ばれます。一般に感音・混合難聴に適合します。
入力音によって感度を調整するため波形は崩れず、歪みや割れはありません。

ノンリニア増幅イメージ

ノンリニア増幅イメージ

●ダイナミックレンジとは

聞き取れる最も小さい音の大きさを「最小可聴閾値」と呼びます。これより小さい音は聞こえません。
また、快適に聞き取れる最も大きい音の大きさを「最大快聴閾値」と呼びます。これより大きい音はうるさく感じます。

それぞれ個人差があり、最小可聴閾値〜最大快聴閾値をダイナミックレンジと呼びます。

●感音難聴のダイナミックレンジ

難聴になると最小可聴閾値が上昇しますが、感音難聴の特徴として最大快聴閾値が下降することがあります。
つまり、大きい音でないと聞こえないが、健聴者にとってはそれほどうるさくない程度の音でもうるさく感じる、ということになり、ダイナミックレンジはかなり狭くなります。

そのため、感音難聴・混合難聴の方に補聴器を合わせる場合、小さい音は大きく増幅し、大きめの音はあまり増幅しないように、極端に大きい音は逆に小さくなるようにすることが望ましいです。
このような増幅方式をワイドダイナミックレンジコンプレッションと呼び、デジタル補聴器(一部の安価な補聴器を除く)で可能です。
アナログ補聴器でもごくわずかですが可能な機種もあります。
これが不可能な補聴器は使えないという訳ではなく、出力制限で対応します。(出力制限の機能は必須です。)

コンプレッションについては「リニア/ノンリニア増幅」をご参照下さい。

ダイナミックレンジ

ダイナミックレンジ

●自分に合う補聴器とは?

補聴器選びの際によく言われる事で
「高価な補聴器が良いとは限らない。安くても自分に合う補聴器を選びなさい。」
というのがあります。

確かにその通りです。何十万もする補聴器よりも10万弱の補聴器の方が良い、という場合も少なからずあります。

しかし勘違いしてはいけないのは、全ての人が安価な補聴器の中から「自分に合う補聴器」を探し出せるわけではないということです。
もちろん無意味に高い物でないといけないわけではないので、価格と性能の面で、自分にはどこまで必要かということを見極める必要があります。

聴こえの状態はその人によって千差万別です。聴力検査の結果が全く同じ人がいたとしても、同じ補聴器では合わない場合もあります。
耳鼻咽喉科医や補聴器技能者には、合わない補聴器を判断する事は出来ますが、データだけでは一番合う補聴器を選ぶ事は出来ません。条件や効果を測りながら最善の物をご本人様と一緒に探して参ります。

「自分に合う補聴器」を探す上のポイントを下記で述べます。

・デジタルとアナログの違い
感音性または混合性難聴で補聴器の経験が浅い方は、基本的にコンプレッションの働くデジタルの方が合うと思います。
ただし、アナログの使用経験が長い方はデジタルでは合いにくい場合もあります。
伝音性の場合はアナログの方が良い場合も多いと思いますが、大きな利得(増幅幅)が必要になりますのでハウリングが起こりやすくなります。その様な場合はハウリング抑制付きのデジタルをリニア的な調整でお使い頂くこともできます。

コンプレッション、リニアについては「リニア/ノンリニア増幅」をご参照下さい。

・メーカーによる違い
近年のデジタル補聴器は、一つのDSP(デジタル信号処理装置)の機能をどこまで使うか、ということで価格が決まってきます。
そのため、どの機能が必要かを見極めることで最適な補聴器を選ぶ事が出来ます。
また、メーカーが変われば音質も機能の働き方も異なりますので、あるメーカーの高価な機種よりも他メーカーの安価な機種が良いという事があります。試聴した補聴器が上手く合わない場合は、別のメーカーで試す事で解決する事もあります。
ただし、同一メーカーのシリーズの中では、高価な機種より安価な機種の方が合うということは形状の違いによるものを除けば普通ありません。

●認定補聴器専門店とは?

認定補聴器専門店とは、店舗の補聴器販売事業が、財団法人テクノエイド協会の定める一定の基準を満たしている事を同協会に認定された販売店です。
認定は補聴器販売店からの認定申請に基づいて行われます。

補聴器販売事業を営むに当たって、設備や運営面である一定の条件を満たしていることをテクノエイド協会が証明しているということで、補聴器店を選ぶ上での一つの基準となります。

どんな資格・認定制度でも言える事ですが、全ての業務を審査しているわけではありませんので、認定補聴器専門店であるというだけで信頼できる優良店であるとは言えません。
認定されていない販売店でも優良店は多数存在します。

利用者様がご自身の判断基準で、最も信頼できる補聴器店をお選び下さい。

テクノエイド協会とは?

厚生労働省所管の財団法人です。

●補聴器の試聴・貸し出しについて

近年は多くの補聴器店で一定期間の試聴貸し出しを行っています。
それぞれの補聴器店の考え方なので、貸出制度の無い店が不親切であるということではなく、もちろん貸出制度のある店が優良店であるとも限りません。

補聴器の装用を検討する上で、貸出で試すことが出来れば納得して購入する事が出来ます。
ただし、補聴器は時間をかけて使いこなしていく必要があるので、貸出期間の間に補聴器の良し悪しを完全に判断する事は出来ません。
ある程度実感できる効果があって使うことが出来そうなら、前向きに購入を検討されてもいいと思います。

また、一度貸し出し時に上手くいかなくても調整の変更や機種の交換で改善する事もありますので、短期間であきらめずによく相談する事をお薦めいたします。

●両耳装用の効果

補聴器を購入する際の検討事項として、どちらの耳に着けるか、両方につけるか、という点があります。

一般的には両耳に着けて両耳を活用した方が、音の方向や距離を判別しやすくなり、聴き取りも良くなります。

もちろん、左右の聴力差が大きい場合など効果が得られない事もありますし、片方でも十分な効果が得られる場合もありますので、補聴器技能者とよくご相談の上でご検討下さい。

●両耳装用の効果
一般的に以下のような効果があると言われています。

・騒音の中での会話が聴き取りやすくなる
・音の方向や位置がつかみやすい
・比較的小さい音量でも聞き取れるので疲れにくく、ハウリングも起こりにくい

●片耳装用の場合
片耳装用の場合、基本的には比較的言葉の聴き取りの良い方の耳に装用します。その方が効果が得られやすいためです。
ただし、片耳が健聴に近い等の場合は悪い方に装用することもあります。

REXTON(レクストン)より新商品Bridge(ブリッジ)が発売されました。

最新型の補聴器で、12/8の2種類があります。

オープン価格です。

REXTON(レクストン)より、新製品DAY(ディ)が発売されました。

オープン価格ですが、比較的安価な補聴器ながら、一通りの機能を備えた6チャンネルのデジタルです。

ナイーダ

フォナックの重度難聴用耳掛型補聴器です。

JIS防水保護等級3級の防水性能により汗や水の浸入を防ぎます。

サウンドリカバーという周波数圧縮機能により、高度縲恟d度難聴者にはききとりにくい高音域を中音域に圧縮し、聴き取りを改善します。

よりパーフェクトな「聞こえ」で、自分らしさを表現したい。 高・重度難聴に革新をもたらすフラッグシップモデル。 ナイーダの基本性能に加え、数々の最新テクノロジーをフル搭載。

聞きたい方向を自由に選択できる「ズームコントロール」

聞きたい音の方向を、前後左右で切り替えられる機能。
車の運転やサイクリングなど、対象の人に顔を向けられないときの強力な解決策となります。

※方向の切り替えは、補聴器本体で直接操作(ダイレクトタッチ機能)。 またはデジタル・ワイヤレスアクセサリー「マイパイロット」により可能です。
※両耳装用の場合のみ使用可能な機能です。

周囲の音環境にリアルタイムで適用する「サウンドフロープレミアム」

いつでも快適な「聞こえ」が得られるよう、個々の好みや聞き取りの優先順位に合わせて、自分だけの最適な音作りをカスタマイズ。音環境を瞬時に分析した、流れるようなプログラム切り替えが、スムーズな聞き取りを可能にします。

不快な衝撃音を瞬時に抑える「サウンドリラックス」

食器がぶつかる音や、新聞や雑誌がめくれるときの不快な音を瞬時に抑える機能。会話の明瞭度や自然さを損なうことなく衝撃音だけを的確に抑制します。

電話の音声を両耳から聞き取れる「デュオフォン」

受話器を耳に近づけるだけで、自動的に音声が左右両方の補聴器から聞こえる機能。
通話中、周囲の雑音を抑え、より快適に電話を楽しめます。

※両耳装用の場合のみ使用可能な機能です。

お子様の耳にこそ、最適な「聞こえ」を。 ナイーダジュニア。 言語獲得期のお子様にとって、言葉を正しく聞き取ることは大変重要です。 その言語獲得を支える革新的な技術と、遊びざかりのお子様の使用に耐える安心構造で、言語発達をサポートします。 width=
特徴
汗や水に強い安心構造。

JIS防水保護等級3級厳しい労働環境をはじめ、激しいスポーツや不意の雨にも。 各所に施した独自の防水処理が、汗などの水分の侵入を防止し、 アクティブな活動をサポート。あらゆるシーンで補聴器を外すことなく快適に過すことを可能にします。

※完全防水ではありませんので、プールや温泉での使用はお控えください。

聞き取りづらい音をクリアに。「サウンドリカバー」

高・重度難聴者にとって聞き取りづらかった高音域の音を、聞こえる音域まで圧縮し、自然な「聞こえ」を実 現。鳥のさえずりを楽しむことはもちろん、自分の声の聞き取りも大幅に改善します。この機能を支える、フォナック独自開発の“ノンリニア周波数帯域圧縮” は、数々の臨床経験の結果、より広範囲の難聴度や聴力タイプにも応用できることが証明されています。

※オーストラリア メルボルン大学との共同開発により実現

圧倒的なパワーを、圧倒的に小さなサイズで「ナイーダ ウルトラパワー」

高・重度難聴の方の生活を変えるほどパワーを備えながらも、従来の高利得・高出力補聴器と比較して、約35%のサイズダウンを実現。さらにその美しい造形美は、人間工学に基づき設計されています。
カラーバリエーション

イメージ写真

自然で快適な「きこえ」を追及した、スターキーの最新モデル「Sシリーズ」。 従来の製品よりもさらに進化して、あなた本来のきこえの音質を再現いたします。 聴力や用途、お好みにあわせて選べる幅広い製品をご用意しております。

ドライブ・アーキテクチャを搭載した高性能なデジタル補聴器。

デジタル補聴器が目指す究極の目的は、ご自身本来の音質の再現にあります。 そのために多くの時間を掛けて研究開発が続けられました。
スターキーがご紹介するSシリーズは、マルチ・コアのDSP(Digital Signal Processor,デジタル信号処理回路)を持ち、 当社従来品と比較して3倍の処理速度を持つデジタルプラットホーム“ドライブ・アーキテクチャ”を採用し、 本来の音質再現を実現しています。
深みのある音質を広いダイナミックレンジ(音の大小を再現できる範囲)で捉え、高解像な信号処理を実現しました。 Sシリーズの音質は、従来の補聴器の音質とは異なります。今までにない“自然なきこえ”です。

デジタル補聴器

イメージ写真

今までにない“自然なきこえ”を

すでに利用されているお客さまから、「自然でクリアー」な音質と高い評価を頂いているSシリーズ。今までにない”自然なきこえ”をお届けできます。

騒音下でも、ハウリングにも強いスターキーの従来品であるデスティニー、 ゾーンと比較して3倍高い処理能力があります。 マルチ・コアのDSP(デジタル信号処理回路)を採用し、異なった信号を同時に処理します。 その結果、実質的にハウリングが発生しない、騒音下でのより良いきこえ、電話との適合性が実現しました。

イメージ写真

ひとりの時も、大勢での会話も快適!

静かな環境からうるさい環境まで、スムーズで切れ目の無い切換えで適応し、 高精細な音と快適さをお届けできます。自動的に、あなたに最適なきこえの環境を提供します。

イメージ写真

あなたの個性にフィット

個性に合った補聴器とライフスタイルの評価を基に、 あなたの聴力と必要なきこえに正確に対応します。

イメージ写真

このスペースに表示するには、ウィジェット管理でカテゴリー、ページ、タグなど、好みのパーツを設定します。