‘選び方’ タグ

◇購入の際のカウンセリング

客観的な判断なしに自分で決めてしまうのは、地図も持たずに全く知らない目的地に向かうようなものです。
向かった方向がたまたま合ってたら着くこともありえますが、そうでなければ永遠に着きません。

きこえが一人ひとり異なり、調整が必要になるのと同じように、適した補聴器の器種もそれぞれ異なります。
ある人が使っていて抜群に良いと言うものでも、別の人には全く役に立たないことはよくあります。

補聴器販売店では、きこえの状態や生活環境、ご本人様のご要望を考慮した上で、客観的な判断で適した補聴器をお選びします。
もちろん適した補聴器が1つだけということは少なく、いくつかの選択肢の中からそれぞれの長所・短所を専門家に聞きながら選ぶことが出来ます。

[関連記事]

購入後のアフターサービス

補聴器の販売方法_対面販売・通信販売_1

補聴器の販売方法_対面販売・通信販売_2

●自分に合う補聴器とは?

補聴器選びの際によく言われる事で
「高価な補聴器が良いとは限らない。安くても自分に合う補聴器を選びなさい。」
というのがあります。

確かにその通りです。何十万もする補聴器よりも10万弱の補聴器の方が良い、という場合も少なからずあります。

しかし勘違いしてはいけないのは、全ての人が安価な補聴器の中から「自分に合う補聴器」を探し出せるわけではないということです。
もちろん無意味に高い物でないといけないわけではないので、価格と性能の面で、自分にはどこまで必要かということを見極める必要があります。

聴こえの状態はその人によって千差万別です。聴力検査の結果が全く同じ人がいたとしても、同じ補聴器では合わない場合もあります。
耳鼻咽喉科医や補聴器技能者には、合わない補聴器を判断する事は出来ますが、データだけでは一番合う補聴器を選ぶ事は出来ません。条件や効果を測りながら最善の物をご本人様と一緒に探して参ります。

「自分に合う補聴器」を探す上のポイントを下記で述べます。

・デジタルとアナログの違い
感音性または混合性難聴で補聴器の経験が浅い方は、基本的にコンプレッションの働くデジタルの方が合うと思います。
ただし、アナログの使用経験が長い方はデジタルでは合いにくい場合もあります。
伝音性の場合はアナログの方が良い場合も多いと思いますが、大きな利得(増幅幅)が必要になりますのでハウリングが起こりやすくなります。その様な場合はハウリング抑制付きのデジタルをリニア的な調整でお使い頂くこともできます。

コンプレッション、リニアについては「リニア/ノンリニア増幅」をご参照下さい。

・メーカーによる違い
近年のデジタル補聴器は、一つのDSP(デジタル信号処理装置)の機能をどこまで使うか、ということで価格が決まってきます。
そのため、どの機能が必要かを見極めることで最適な補聴器を選ぶ事が出来ます。
また、メーカーが変われば音質も機能の働き方も異なりますので、あるメーカーの高価な機種よりも他メーカーの安価な機種が良いという事があります。試聴した補聴器が上手く合わない場合は、別のメーカーで試す事で解決する事もあります。
ただし、同一メーカーのシリーズの中では、高価な機種より安価な機種の方が合うということは形状の違いによるものを除けば普通ありません。

●認定補聴器専門店とは?

認定補聴器専門店とは、店舗の補聴器販売事業が、財団法人テクノエイド協会の定める一定の基準を満たしている事を同協会に認定された販売店です。
認定は補聴器販売店からの認定申請に基づいて行われます。

補聴器販売事業を営むに当たって、設備や運営面である一定の条件を満たしていることをテクノエイド協会が証明しているということで、補聴器店を選ぶ上での一つの基準となります。

どんな資格・認定制度でも言える事ですが、全ての業務を審査しているわけではありませんので、認定補聴器専門店であるというだけで信頼できる優良店であるとは言えません。
認定されていない販売店でも優良店は多数存在します。

利用者様がご自身の判断基準で、最も信頼できる補聴器店をお選び下さい。

テクノエイド協会とは?

厚生労働省所管の財団法人です。

●補聴器のご検討にあたって

補聴器技能者

補聴器技能者

補聴器の検討・購入の際に最も重要となるのが、どの店で相談するか、どの店で買うか、ということです。
補聴器は、聴力や聞こえの状態、音の好み、使用環境等に合わせた調整が必要になり、購入後も再調整や点検、修理など、アフターサービスも必要です。
最新の補聴器は機能が高度化して、パソコンで細かい調整をします。使いこなすには各機能がどんな風に働くかを補聴器技能者が理解している必要があります。
また、故障やトラブルも複雑化しており、経験や機能への理解がないと判別できない(不具合を見つける事が出来ない)事もあります。
アフターサービスや利便性も考慮して、きちんと相談に乗ってくれるお店をお探し下さい。
●お薦めできない補聴器店の選び方

親切なお店を選びましょう

親切なお店を選びましょう

割引率の高さだけで補聴器店を選ぶのはお薦めできません。
もちろん値段は重要な条件ですし、同じ効果が得られるのなら安いに越した事はありません。
しかし、補聴器の価格は機器の対価というよりはカウンセリングの対価です。全く同じ型式の補聴器でも、どの店で買うかによって違うものになります。得られる効果も変わります。
いくら割引率が高くても補聴器は高い買い物です。
逆に、割引しない店が優良店であるとも限りません。
失敗の無い補聴器選びのために、しっかりした補聴器店をお探し下さい。

補聴器店での相談って、どんなことをするんでしょう?

そんなご質問にお答えして、一般的な補聴器のご相談の流れをご説明致します。

あくまでも一般的な流れですので、補聴器店や状況によって手順や内容が違う場合もあります。下記のご説明では「ご購入」から「アフターサービス」までの流れとなっていますが、もちろん必ず購入しなければならない訳ではありません。相談の途中で必要ないと感じられたらご購入を中止しても問題ありませんので、お気軽に相談してみてください。

【1】カウンセリング

カウンセリング

カウンセリング

どんなときに不便を感じるのか、どういう音が聞こえにくいのかなど、ご自身の現在の聞こえの状態をできるだけ詳しくお店の人に伝えましょう。

また、補聴器に関する疑問や要望なども遠慮なく相談してみてください。

【2】聴力測定

現在の聴力を正確に調べるために、聞き取りのテストを行います。

音の聞こえの他に、ことばの聞き取り具合をテストすることもあります。

聴力測定

聴力測定

【3】補聴器の機種選択

補聴器の機種選択

補聴器の機種選択

カウンセリング内容や聴力測定の結果を踏まえた上でご自身の聴力や目的にあった最適な補聴器を選びます。

使うとしたらどんな補聴器は欲しいか、ご要望を伝えてご相談ください。

【4】フィッティング

お店のスタッフが、あなたの聴力の状態に合わせて、補聴器の音域や音質、出力など、きめ細やかな調整を行います。

フィッティング

フィッティング

【5】試聴

試聴

試聴

実際に補聴器をつけて音を聞いてみます。静かな店内だけでなく、外の騒がしい場所での聞こえはどうか等、色々お試し下さい。それによって細かい調整を行います。補聴器店によっては一定期間の貸し出しが可能なこともあります。

色々微調整してみても合わない等、ご納得頂けない場合は【3】補聴器の機種選択に戻り、再度ご検討頂きます。

【6】購入

気に入った補聴器が見付かったら、いよいよ購入です。最終的に音の微調整を行い、お持ち帰り頂きます。

オーダーメイド補聴器の場合はあなたの耳の形に合わせてお作りするので、製作にはおよそ1週間かかります。完成後に再度ご確認頂き、お持ち帰り頂きます。

購入

購入

【7】アフターサービス

アフターサービス

アフターサービス

補聴器をご購入後も、いろいろな環境での聞こえを確かめながら、さらに調整を重ね、満足のいく補聴器を仕上げていきます。少しでも気になる事や不具合があったら、すぐにお店に相談しましょう。

オーダーメイドの補聴器で、形が合わない、着けてると痛い、などの場合、一定期間は作り直しが出来ますので早めに相談するようにしましょう。

このスペースに表示するには、ウィジェット管理でカテゴリー、ページ、タグなど、好みのパーツを設定します。