‘集音器’ タグ

◇購入後のアフターサービス

アフターサービスはもっと大切です。
どんな機械であっても万能ではありません。効果には限界があります。
補聴器販売店では、その限界をご説明し、どんな環境では使いやすいか、きこえにくい環境ではどのようにすれば使いやすいか、等、時間をかけてご説明していきます。
一度で全てを理解するのは困難な場合が多いです。

[関連記事]

購入の際のカウンセリング

補聴器の販売方法_対面販売・通信販売_1

補聴器の販売方法_対面販売・通信販売_2

◇購入の際のカウンセリング

客観的な判断なしに自分で決めてしまうのは、地図も持たずに全く知らない目的地に向かうようなものです。
向かった方向がたまたま合ってたら着くこともありえますが、そうでなければ永遠に着きません。

きこえが一人ひとり異なり、調整が必要になるのと同じように、適した補聴器の器種もそれぞれ異なります。
ある人が使っていて抜群に良いと言うものでも、別の人には全く役に立たないことはよくあります。

補聴器販売店では、きこえの状態や生活環境、ご本人様のご要望を考慮した上で、客観的な判断で適した補聴器をお選びします。
もちろん適した補聴器が1つだけということは少なく、いくつかの選択肢の中からそれぞれの長所・短所を専門家に聞きながら選ぶことが出来ます。

[関連記事]

購入後のアフターサービス

補聴器の販売方法_対面販売・通信販売_1

補聴器の販売方法_対面販売・通信販売_2

補聴器は対面販売が望ましいといわれるのは、調整が必要だからということだけではありません。

補聴器は、購入の際のカウンセリングや購入後のアフターサービスが重要だからです。
むしろこちらのほうが大切かもしれません。

これらのサービスが十分に受けられない、あるいは活用できないと、うまく使えば効果のある補聴器もつかいこなせず、効果が無いと思って使わなくなってしまうこともあります。

また、そういった提案やサービスが出来るお店を選び、よく相談することが大切になります。

◇購入の際のカウンセリング

◇購入後のアフターサービス

前回記事はこちら

補聴器の販売方法_対面販売・通信販売_1

一般的に補聴器は対面販売であるべきだとされています。

なぜでしょうか?

よく言われるのは、個人個人に合わせた調整が必要なので、ということです。
聞こえは一人ひとり違います。その聞こえにあわせた調整は必ず必要になります。
通信販売や安価な補聴器では調整機能を持っていない場合もありますが、それでも最低限音量の調整は必要になります。

もちろん、そういった場合はご使用になるご本人による調整も可能です。
しかし、その音量が適したものであるかは客観的な判断が必要になります。
難聴者のきこえはとても難しく、音量を上げすぎると逆にきこえにくくなります。耳を傷める危険性もあります。
自分で耳を傷めるほど大きな音にはしない、と思われるかもしれませんが、環境や相手の話し方が原因で聞き取りにくい場合に極端に音量を上げようとされることはよくあります。

専門家による調整をお勧めする理由はそのためです。

他にも対面販売が望ましい理由があります。
それは次回述べたいと思います。

補聴器の販売方法_対面販売・通信販売_2

こちらも参照ください。

通販補聴器・集音器・助聴器

補聴器店で購入する補聴器と通信販売の補聴器は全く別のものです。さらに、通信販売で売られている集音器・助聴器等の類似品はもっと違います。
通信販売で売られている物には「調整の必要がない」「お店に通う必要がない」ということを売りにしている場合がありますが、「調整機能がないためお店に行っても何も出来ない」くらいに思ってください。自動調整等はあり得ません。
以下にこれらの違いと留意点をご説明します。

●補聴器と集音器・助聴器等の違い

まず、補聴器と集音器・助聴器等の類似品についてご説明致します。
一番大きな違いは「補聴器」と名のつくものは「管理医療機器」として、薬事法の規定に基づいた承認を受けているという点です。
難聴とダイナミックレンジ」「リニア/ノンリニア増幅」でもご説明しております通り、難聴者のきこえを改善するためには、ただ音を大きくすればいいというわけではありません。また、必要以上に音を大きくした場合は耳を痛める等の健康被害の危険性があります。
「補聴器」はこういった健康被害を防ぐための機能を有しているものでないと承認は受けられません。もちろん、聴力に合わせた調整が必要になります。
集音器・助聴器等はその承認を受けていません。
音質等は個人の好みがありますので、集音器や助聴器の中に聞きやすいものがある可能性は十分にあります。しかし、上記の点を留意しておく必要があります。

●補聴器店の補聴器と通信販売の補聴器の違い
どちらも「補聴器」なので上記の「管理医療機器」の承認は受けています。
補聴器は聴力に合わせて調整する必要がありますが、通販器種には音量以外の調整機能はない場合がほとんどです。 それに対し、補聴器店の補聴器は聴力に合わせた調整はもちろん、メンテナンス等のアフターサービスも価格の中に入っています。(補聴器店選びが重要なのはこのためです。)
軽度難聴の場合は低出力の補聴器を調整なしで少し音量を上げれば十分役に立つ場合はあります。こういった場合は通販器種の方が安くあがりますが、逆に全く役に立たない可能性も大きいので一種の賭けになります。

また、集音器にしても補聴器にしても、通信販売でもっとも認識しておくべきなのは、音の調整や部品の選定、形状の調整に至るまで、全てをご自分で行う必要があるということです。

補聴器の販売方法については以下の記事もご参照ください。

【ご参考】国民生活センターの資料

このスペースに表示するには、ウィジェット管理でカテゴリー、ページ、タグなど、好みのパーツを設定します。